独自ドメインでブログを立ち上げたらGoogle Search Consoleへの登録は必須!【そのままではネットの孤島】

無料ブログサービスでは記事を書けば自然とGoogleにインデックス(検索結果に表示されるよう登録されること)されます。

ところが、独自ドメインでブログを立ち上げた場合には、自らGoogleにインデックスされるように働きかけないと、いつまで経っても検索結果に表示されず、誰もアクセスしてこないネットの孤島になってしまいます。

いずれはインデックスされることがほとんどですが、少しでも早くアクセスを得たいのならGoogle Search Consoleというグーグルのサービスに登録しておくことが必須です。

この記事ではGoogle Search Consoleとはどういうサービスなのか?そして登録するにはどうすればいいのかについて解説しています。

Google検索結果に表示されないとアクセスは来ない

ブログでもサイトでも訪問者のほとんどはGoogle検索を経由してやってきます。

最近はSNS経由のアクセスも増えていますが、まだまだGoogle検索経由の流入が圧倒的に多いです。

逆に考えるとGoogle検索に表示されなければ誰もアクセスしてこないということ。

ネットの無数のサイトの中から自分のブログを見つけてもらって、沢山の人に来訪してもらうにはGoogle検索は欠かせないのです。

Google検索結果に表示させるためにはインデックスされることが必要

検索結果に自分のブログの記事を出してもらうためには、Googleにその記事の存在を気づいてもらわないといけません。

Googleはサイトの情報を集めるためのbotを常にネット上を巡回させていて、見つけたサイトやページをインデックスしています。

このbotの巡回(クロールといいます)は主に既知のサイトやそこからのリンクをたどって新しいサイトや更新された記事を見つけていきます。

上にも書いたように、無料ブログサービスではブログ内で新着記事など自動でリンクを貼られる機能があるため、意識しなくても記事を書けば勝手にGoogleにインデックスされます。

しかし、独自ドメインでブログを作った場合には、記事を書いてもどこからもリンクがありませんから、botがクロールできないのです。

できるだけ早くインデックスされるためには、こちらからアプローチする必要があります。

その方法の1つがGoogle Search Consoleからインデックスを促すことなのです。

Google Search Consoleは効率的にGoogleにインデックスさせることができる

Google Search Console

Google Search Consoleはサイト運営者に無料で提供されているツールで、URLを送信することで新しい記事をすぐにインデックスさせることができます。

Google Search Consoleの利用方法

Google Search Consoleを利用するにはGoogleのアカウントが必要です。持っていない人はまずGoogleのアカウントを作りましょう。

アカウントがあるのならGoogle ウェブマスターへアクセスしましょう。

Googleウェブマスター

Search Consoleと書いてある緑のボタンをクリック。

するとSearch Consoleのログイン画面に変わります。

Search Console

今すぐ開始の青いボタンをクリックすると、まだGoogleにログインしていなければログイン画面、ログインしていれば以下の画面に移行します。

ここでSearch Consoleに自分のブログを登録するのですが、自分の持っているドメインが間違いなく自分のものであることを証明する必要があります。

ドメインごと確認する方法とURLごとに確認する方法の2つありますが、ドメインの方は一度確認が取れればサブドメインで別ブログを作っても再確認の必要がないのでこちらで登録することをおすすめします。

ドメインの空欄に自分のドメイン名を入力します。

URLではなく、ドメイン名を入れてください。

このブログ言えば「https://money.ururunya.com」ではなく、「money.ururunya.com」を入力します。

するとグレイアウトしていたボタンが押せるようになるのでクリックします。

すると「DNSレコードでのドメイン所有の確認」という画面が出ます。

ちょっと難しく感じるかもしれませんが特にDNSレコードというのを理解する必要はありません。

2番の欄にあるTXTレコードをコピーしておきましょう。

次にレンタルサーバーの管理画面を開きます。

ここではエックスサーバーを例に説明しますと、「サーバーパネル」を開きドメイン欄にある「DNSレコード設定」をクリック。

ドメインを選び「選択する」をクリックするとDNSレコード設定の画面に変わります。

「DNSレコード追加」タブを開くと上の画面が出てくるので、種別を「TXT」、内容に先程のコピーしたTXTレコードをペーストします。

確認画面へ進み確定させると設定は完了です。

Google Search Consoleのドメイン所有権確認画面に戻り、

確認ボタンを押せば確認が完了しSearch Consoleを使えるようになります。

ただし、注意書きに書いてあるように反映されるのに時間がかかる場合があり、まだ確認が完了していない場合は

このような画面が表示されます。

確認されている場合は

このようになります。

なので、レンタルサーバーにDNSレコード設定をしたら、ちょっと時間を置いてから所有権の確認をするといいでしょう。

記事を書いたらURL検査してインデックス登録をリクエストする

Search Consoleの登録が済んだら様々な機能が利用可能になりますが、サイトのデータが見られるようになるまで数日かかります。

しかし、書いた記事のインデックスのリクエストはすぐにでもできるのでブログの記事をインデックスさせましょう。

管理画面の上部にある”「(ドメイン名)」内のすべてのURLを検査”と書かれた検索窓にインデックスさせたい記事のURLを入力。

Enterを押すと以下のような画面になります。

書いたばかりに記事はインデックスされていませんので「URLがGoogleに登録されていません」との表示がありますね。

赤枠にある「インデックス登録をリクエスト」というボタンをクリック。

リクエストすると、しばらくしてGoogle botがクロールしにやってきて記事がインデックスされます。

もし記事がすでにインデックスされている場合は

このような表示になります。

もし既存の記事をリライトした場合はインデックスされていても再びリクエストしてクロールを促しましょう。

まとめ

独自ドメインでブログを立ち上げると、規約に縛られることなく自由な運営ができます。

しかし、ブログを訪問してもらうにはいろいろと工夫が必要です。

その中でもGoogle Search Consoleへの登録は必須と言って過言ではありません。

インデックスを促すだけでなく、データが溜まってくると、どんなキーワードでアクセスがあるのかを分析することもできるも優れたツールなので、ぜひ活用してみてください。